調査・見積り 無料!

まずはお電話にてご相談

ください。

023-654-7881

お問い合わせ

 夜間でも大丈夫!

 シロアリについて詳しく説明しようとすれば、膨大な文章が必要となってしまいます。

 ここでは、簡単にシロアリとその被害について述べたいと思います。

 

 


● シロアリの特徴と被害

・その1  木材を食べる 

 畳や紙等も食べます。また、食べはしませんが、先にある木材に辿り着くためにコンクリートに穴をあけることがあります。


・その2 湿気を含んだ木を好む

 山形に生息するシロアリのほとんどはヤマトシロアリという種です。この種は特に、湿気のある木を好みます。そのため、浴室・洗面所・台所・トイレなどに被害を受けることが多くなっています。


・その3 5~6月頃羽アリとなって飛び立つ

 この時期になると黒くて羽の生えた羽アリとなり飛び立ちます。ただし、これは分家するためであり、全てのシロアリがそこからいなくなるわけではありません。むしろ、飛び立つのは全体の2~3%と言われており、「羽アリが出てこなくなった」からと言って放っておくと、被害が拡大することがあります。


・その4 隠れて食べる 

 これが最も厄介な特徴ではないでしょうか。シロアリは空気の動きにとても敏感で、これを嫌うため、滅多に姿を現しません。木材を食べる場合でも、その表面を残して主に内部を食べ進めます。したがって、シロアリ被害の発見が遅れてしまうことが多いのです。

 


 ※また、最近では上であげたものとは少し違った特徴を持つアメリカカンザイシロアリの分布が広がりつつあります。このシロアリはその名の通り、アメリカを原産地とする種で、幹材(乾燥した木材)でも加害します。山形でも上山市で生息が確認されています。

 

 

● こんな時は要注意!

 被害を受けやすい箇所は、浴室・トイレ・台所・洗面所・玄関・勝手口およびその近辺となっています。

ここを中心に以下の様な現象が起きてないかチェックしてみましょう。 

 

 □ 床がきしむ、フカフカする

 □ 柱を叩くと空洞音がする

 □ 5~6月頃、羽アリが出てきた

 □ 5~6月頃、窓際などに虫の羽が落ちていた

 

 もし、このようなことが1つでもあてはまったら、専門家に調査を依頼することをおすすめします。

● 業者選びのポイント

 シロアリ業者と一口に言っても、様々な業者が存在します。特に、悪徳・悪質業者には要注意です。  

 → 詳しくは「悪質業者にご注意」

 

 また、安価な価格設定ではあるものの、駆除技術も低いという「安かろう悪かろう」の業者も存在します。

 床下など、普段目に見えない箇所に施工するからこそ、信頼できる業者を選びたいものです。

 

 業者選びの際はまず「(社)日本しろあり対策協会」の会員であるかどうかを確認しましょう。

 この団体は、シロアリ対策に関して国土交通省が許可した日本で唯一の団体です。会員になるにはシロアリ駆除や薬剤に関する各種資格が必要であり、薬剤の保管庫、損害賠償保険への加入といった様々な条件をクリアしなければなりません。

 したがって、会員の業者であれば技術的にも優れていますし、万が一の補償もしっかりしていて安心です。

 ちなみに、山形には当社も含めて4社の会員業者が存在しています。

  

 

● 施工の流れ

床下・水周り・外周りなどを点検し、デジタルカメラで撮影した画像を使ってご報告いたします。 無料です。



 ①養生  …………………

 

 ②床下薬剤散布  ………

 

 

 ③壁間・柱への  ………

    薬剤注入

 

 

 ④片付け・清掃  ………

 

ご自宅や家具が汚れないようにします。

 

当社では日本しろあり協会認定の安心・安全な薬剤を使用しています。

 

家の構造・被害状況により、壁や柱に小さな穴をあけ、薬剤を注入します。注入後は目立たないように穴を埋めます。

 

養生をはずして、移動した物を元の場所に戻して清掃します。


被害状況にもよりますが、一般的な住宅ならば通常1日で施工は完了します。


● 保証とアフターサービス

 施工が完了したら、後日『保証書』を発行致します。

保証期間は5年間です。これは、

 ①シロアリが発生したら無料で再施工を行う。

(※一部、保証の対象外となる施工もございますが、

                                             その場合は事前に説明いたします。)

 

 また、当社では施工から3年後と5年後にお客様にハガキを郵送し、ご希望の方には無料で床下点検を実施しております。早期の点検・発見によりシロアリの侵入から大事なお住まいを守ります。